頭皮ニキビが痛い!シャンプーのコツ

頭皮湿疹はひどくなってくると、痛みを伴うことがあります。

こんな状態では、毎日のシャンプーも憂鬱なものになってしまいますが、痛いからといってシャンプーをしないと、頭皮環境は悪化してしまいます。

では、頭皮湿疹が痛いときの、適切なシャンプー方法はあるのでしょうか。

まずは、頭皮湿疹のあらわれている部分には、出来るだけ刺激を与えないこと、そして、頭皮湿疹をあまり意識しないことにあります。

●頭皮湿疹に効果を発揮するシャンプー方法

頭皮湿疹が酷くなると、痛みや痒みを伴うことがあります。

しかし、だからといってシャンプーをしなければ、頭皮環境はますます悪化してしまいます。

そこで、頭皮湿疹による痒みや痛みを軽減してくれる、効果的なシャンプー方法をご紹介します。

①ブラッシング

頭皮湿疹による痛みを感じているときは、シャンプー前に髪をしっかりブラッシングしてあげましょう。

シャンプー前に髪をブラッシングすることで、絡まった毛をほぐすことが出来ますし、髪の汚れをとることができますから、その後のシャンプーでの痛みを軽減することが可能です。

②シャンプーをしっかり泡立てる

頭皮湿疹による痛みを感じている時に、髪に直接シャンプー剤をつけてから泡立てると、頭皮への刺激がアップしてしまう恐れがあります。

髪を洗う際には、シャンプー剤をしっかり泡立ててから髪につけるようにしてください。

③しっかりすすぐ

頭皮湿疹の原因ともいえるのが、シャンプー剤などが頭皮に残ってしまうことです。

頭皮湿疹によって痛みや痒みを感じているからといって、十分なすすぎを行わないと、更に頭皮環境が悪化してしまいます。

シャンプーの後は、しっかりすすぐことが大切です。

すすぎの目安としては、シャンプーで髪を洗った、倍の時間をかけて丁寧に洗い流してください。

④しっかり乾燥させる

髪や頭皮が濡れたままの状態は、頭皮の毛穴で細菌が繁殖しやすくなっています。

これは頭皮湿疹を悪化させることになりますので、シャンプーの後はタオルとドライヤーでしっかり乾かすことを心がけてください。

頭皮湿疹が痛いときには、シャンプーをするのが嫌…と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、頭皮湿疹の改善には、頭皮を清潔に保つことは大変重要です。

毎日のシャンプーもシャンプー前のブラッシングやシャンプーを泡立てたりなど、ほんの少しの工夫で、刺激を軽減することが可能ですので、是非試してみてください。

●頭皮湿疹が痛いときのシャンプーにコツはあるのか

頭皮湿疹が痛かったり痒かったりするときのシャンプーのコツをご紹介します。

まず、頭皮湿疹の部分をあまり気にしないことです。

頭皮湿疹が痛いからといって、シャンプーをしないのは、頭皮にとってよくありません。

頭皮湿疹が酷くなってしまうと、ついその部分が気になって指で触ったりしてしまうかと思います。

しかし、指などで触ってしまうことで、頭皮湿疹が刺激されてしまったり、雑菌が増えてしまう恐れがあります。

頭皮湿疹による痛みや痒みを感じている時でも、頭皮湿疹の部分は、触ることなく、刺激を与えないでください。

頭皮への刺激を軽減するシャンプー方法を実践することで、頭皮環境を整えましょう。